ね、ありがと。

日常の中に溢れてる大切なものに鈍くならないように、
感じたこと。想ったこと。目にとまったものを日記と写真で残しました☆


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

photo by スポンサードリンク

9月14日 黒い服。

今日は。

会社を休んだ。
というのも、今日はお通夜があったから。

お父さんの、お兄さん。
53歳。

それは、突然でした。


おじさんには2人の息子がいて、
私からしたらいとこになるのだけれど。


まだ子供の頃、
おじさんの奥さんが病気で亡くなって。



おじさんは男手ひとりで育てて、
そのおじさんも亡くなったら両親がいないっていうこと。


私とあんまり年変わらないのにね。


親族の席で、
しっかりと挨拶をして、
しっかりと見守っていた。


よかったと思ったのは、
2人とも結婚して家庭があること。


その隣にいてくれるひとがいるだけで、
支えられるだろうな。

その隣で、まだ何もわからない子供が無邪気に笑っていることも、それだけで救われるんだろうな。


大切なひとがいるから、
がんばれるんだろうな。



私だったらどうだろう、
なんて考えたら
とてもじゃないけど耐えられないなと想った。



甘えっぱなしだ。




お通夜の会場には、
おじさんが好きでよく聴いていた曲が流されていて、
写真は、子供の結婚式の集合写真の、優しくて幸せそうで穏やかな笑顔の写真が飾られていた。



お経をよんだお坊さんは、おじさんの幼なじみ。



泣かないと想っていたけど
お母さんも私も、お父さんも、泣いていた。















帰り道。

車の中での会話。

「そーいえば麻美の年に結婚したんだよ」と、母。

「24って早くない!?」って反撃したら

「でも子供産むんだったら早い方がいいよ」と、母。

「でもこればっかりはどうしようもなくない!?!?」

しーーーーん


みたいな(笑)











でもね。

ホント今日は想ったよ。

支えが欲しいなあって。

愛は絶対必要だなあって。

1人じゃ生きていけないなあって。








今を。

一瞬を。

大切にしたい。

photo by risu
<< 9月9日  休日出勤 | main | 9月17日 北鎌倉 散策。 >>

スポンサーサイト

photo by スポンサードリンク









http://7216risu.jugem.jp/trackback/416
結婚式 挨拶について
結婚式プロデューサー暦8年の28歳娘がお届けする、結婚式 挨拶情報満載のHPです。より良い記事をアップしますので、宜しくお願い致します♪
| 結婚式 挨拶 | 2006/11/02 11:03 PM |

blog information

>> Latest Photos
>> Recent Comments
>> Recent Trackback
>> Links

このページの先頭へ