ね、ありがと。

日常の中に溢れてる大切なものに鈍くならないように、
感じたこと。想ったこと。目にとまったものを日記と写真で残しました☆


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

photo by スポンサードリンク

12月9日  イロノアルセカイ

鮮やかなイチョウの黄色も、
透き通るような葉の緑も、
キラキラに塗った爪の色も、。


光がなくちゃ、輝かない。



「あなたはいつまでもあたしの光」




朝日のまぶしい電車の中で、aikoの曲を聴いててそう想った。





夜は、真っ暗で、イロは消えてしまって。
朝。
太陽の強い、やさしい光に色づけられてく街を、
電車の中からずっと見ていました。










すきなひとの隣を歩いている女の子がキラキラしてるのも、
きっと、そうなんだ。




太陽の光が、世界にイロをつけるように、
何気ない日々の中の、
何気ない景色や
流れてく時間を鮮やかにするのは、
大切なひとがいるから。







やっぱり、1人じゃいられない。



photo by risu
<< 12月3日  恋人たちのクリスマス | main | 12月11日  Happy Birthday >>

スポンサーサイト

photo by スポンサードリンク









http://7216risu.jugem.jp/trackback/382
うんうん
| ひまつぶし♪ | 2005/12/10 11:50 PM |

blog information

>> Latest Photos
>> Recent Comments
>> Recent Trackback
>> Links

このページの先頭へ